歴史

創建と歴史

お堂の再建と護持

久寿2年(1155)、第77代天皇として即位した後白河天皇は、わずか3年で二条天皇に位を譲って以後、上皇として「院政」を行いました。三十三間堂は、その御所に造営されましたが、80年後に焼失し、まもなく後嵯峨上皇によって再建されました。
その後も手厚く護持され、室町期・足利第六代将軍義教により本格的な修復が行なわれます。彼は仏門に入って、比叡山・天台座主を勤め、京洛の禅寺に修理の寄付勧進を命じて、屋根瓦の葺き替えをはじめ、中尊・千体仏と5ケ年を費やして内外両面の整備を行ったのでした。

太閤秀吉と三十三間堂

当時、交通の要所だったこの地に目を向け、後白河院や清盛の栄華にあやかろうと思い立った秀吉は、その権勢を天下に誇示するため奈良大仏を模した大仏殿方広寺を三十三間堂の北隣に造営し、お堂や後白河上皇の御陵をも、その境内に取り込んで土塀を築いたのです。今も、その遺構として南大門・太閤塀(ともに重文)が残ります。
お堂の修理も千体仏をはじめとして念入りに遂行され、その意志を継いだ秀頼の代まで続きました。大仏殿は、文禄4年(1595)9月に完成し、千人の僧侶により落慶供養されたといいます。
秀吉は、死後「豊国大明神・とよくにだいみょうじん」という神格として祀られ、お堂東隣の阿弥ケ峯には壮麗な社殿が造営されました。

通し矢と矢数帳

その始まりは伝説的で不明ですが、桃山時代には、すでに行なわれたと伝えます。
「通し矢・とおしや」は、お堂西縁の南端から120メートルの距離を弓で射通し、その矢数を競ったもので、矢数をきめて的中率を競う「百射・ひゃくい、千射・せんい」等があり、江戸時代、殊に町衆に人気を博したのは「大矢数・おおやかず」で、夕刻に始めて翌日の同刻まで、一昼夜に何本通るかを競うもので、慶長11年(1606)の浅岡平兵衛の試技以来の武芸者の栄誉をかけたものとなり、尾張、紀州の二大雄藩による功名争いは、人気に拍車をかけ、京都の名物行事となりました。
「矢数帳」には、通し矢法を伝承した〈日置六流・へきろくりゅう〉の江戸期の試技者氏名、月日、矢数などが編年で書き留められており、最高記録は、貞享3年(1686)4月、紀州・和佐大八郎(試技年齢は18歳という)の総矢13,053本、通し矢8,133本で、強靭な身心にしてこそ可能な凄絶な競技だったことが窺えます。

建築

三十三間堂の建築

国宝 三十三間堂

正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称されます。これは、東面して、南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴によります。「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しています。
平安後期、約30年の間、院政を行った後白河上皇が、自身の職住兼備の「法住寺殿・ほうじゅうじどの」と呼ぶ院御所内に、当時、権勢を誇った平清盛の資財協力によって創建したものでした。 ところが、そのお堂は建長元年(1249)、市中からの火災により焼失し、鎌倉期・文永3年(1266)に再建されたのが現存のものです。朱塗りの外装で、堂内は、花や雲文様の極彩色で飾られたといい、今もわずかにその名残を停めています。
地上16メートル、奥行き22メートル、南北120メートルの長大なお堂は、和様、入母屋造り本瓦葺きで、手前からはるか彼方へ一点透視的に漸減する眺めは、胸のすく壮快さです。

三十三間堂の免震法

お堂の建てられた平安期、都には見上げるような大建築がありましたが、その多くは、地震や火災のために、短期間で姿を消してしまいました。この反省から、工人たちは様々な工夫を凝らしたのです。
まず、基礎地盤には、砂と粘土を層状に堆積して地震時の地下震動を吸収する〈版築・はんちく〉を用い、堂内の屋台骨は、柱間を2本の梁でつなぐ〈二重虹梁・にじゅうこうりょう〉とし、外屋の上部も内・外柱に二重の梁をかけて堅固さを増加しました。 加えて、構架材の柱や長押、梁は“揺れ”を予測した組み方とし、土壁面積を極力小さくした上で、溝を切った柱に板壁として横板を落し込む〈羽目板・はめいた〉とするなど、お堂は、波に揺れて浮ぶ筏のように“揺れ動く”建築としての免震工法が施こされたのです。

仏像

千手観音坐像と千体千手観音立像

国宝 千手観音坐像(こくほう せんじゅかんのんざぞう)

左右、計千体の等身観音立像に囲まれて、お堂中央に安置されるのが丈六の坐像で「中尊・ちゅうそん」と呼びます。広々とした空間の巨像は、像高が3メートル余、檜材の寄木造りで全体に漆箔が施されています。42手で「千手・せんじゅ」を表わす通例の像形で、鎌倉期の再建時に、大仏師湛慶(たんけい)が、同族の弟子を率いて完成させたものです。
像全体の均整が保たれ、厚ぼったい感じのする一種の張りのある尊顔や、温雅な表情は湛慶の特徴的作風とされ、観音の慈徳を余すところ無く表現しています。
84才で亡くなる湛慶が、その2年前に完成した鎌倉後期を飾る代表的作品です。

国宝 千体千手観音立像(こくほう せんたいせんじゅかんのんりゅうぞう)

前後10列の階段状の壇上に整然と並ぶ等身大の1000体の観音立像は圧巻で、堂内は、さながら“仏像の森”、三十三間堂ならではの特徴です。各像は、頭上に十一の顔をつけ、両脇に40手をもつ通形で、中尊同様の造像法で作られています。
千体の中、124体は、お堂が創建された平安期の尊像、その他が、鎌倉期に16年かけて再興された像です。その約500体には作者名が残され、運慶、快慶で有名な慶派をはじめ、院派、円派と呼ばれる当時の造仏に携わる多くの集団が国家的規模で参加したことが伺えます。また、観音像には、必ず会いたい人に似た像があるとも伝えられています。

国宝 風神・雷神と二十八部衆(こくほう ふうじんらいじんぞう)

観音二十八部衆に風神・雷神を加えた30体の等身大の尊像が千体観音像の前に安置されています。
その多くは、古代インドに起源をもつ神々で千手観音に従って仏教と、その信者を守るとされます。名称や尊容は、7世紀の中国で訳された経典にみえ、すでに敦煌の遺跡には、その作例があるといいます。天衣の女神や甲冑をつけた神将、動物や楽器を執るものなど変化に富み、他では見られないものもあり、あたかも護法神像の博物館のようです。
これらは、檜材の寄木造り、玉眼を用いた彩色像で、それぞれが迫真的な表情や姿態を見せる鎌倉彫刻の傑作です。

風神・雷神像

ともにインド最古の聖典とされる「リグ・ヴェーダ」に登場する神で、その名が示すように自然現象を神格化した原初的な神々です。
風神は、ヴァーユと呼ばれ、数頭立ての馬車で天を駆けて悪神を追い払い、富貴栄達を授ける神とされ、一方の雷神は、ヴァルナという水神だといわれます。
仏教では、仏法を守る役目とともに、悪をこらしめ、善を勧めて風雨を調える神と信じられています。
その像形は、古代の信仰や伝説的空想によって、全く日本化されており、後世の二神のイメージを決定づけた名作で、お堂の再建時に造像を統括した湛慶が、その作成に深くかかわっているとされます。

二十八部衆像(にじゅうはちぶしゅうぞう)

那羅延堅固像 ならえんけんごぞう
二十八部衆にも加わる密迹金剛と一対で「仁王」と呼ばれ、寺門に配置される、強力の守門神です。

大弁功徳天像 だいべんくどくてんぞう
通常、吉祥天と呼ばれる施福の女神で、二十八部衆の婆数仙と共に千手観音の脇侍として必ず登場する一尊。

神母天王像 じんもてんのうぞう
鬼子母神と呼ばれるインド起源の夜叉で、幼児を守り、安産をつかさどるとされます。

毘楼博叉像 びるばくしゃぞう
原語の音写語で「広目天」と呼ばれ、西方を守護するという四天王の一尊です。矛を突き立てて怒号する迫真的な彫像。

帝釈天像 たいしゃくてんぞう
インドラと呼ばれたインド伝来の英雄の神で、口ひげをたくわえた端正な容貌は品格さえ感じさせる作品です。

【摩睺羅王像 まごらおうぞう】
頭には、首をもたげた蛇を巻きつけ、顔には、五つの眼を持つという異形で、大蛇を神格化したという琵琶をかまえる音楽の神です。

行事

三十三間堂の年間行事

※日時は変更することがございますので、予めお問い合わせください。

修正会 しゅしょうえ
1月1日 9:00~10:00

新年の無事を祈る年頭法要で、正月3ケ日に参拝して祈願・〈1件二千円より〉を申し込んだ方には“開運の縁起物”が授与されます。

楊枝のお加持 やなぎのおかじ
2020年1月12日

インド伝来の修法で、平安時代からの伝統をもつという当院最重の法要です。儀式では聖樹とされる「楊枝・やなぎ」で、観音さまに祈願した法水を参拝者に注いで、諸病を除くというもので、特に頭痛に効くと伝えられます。

大的大会 おおまとたいかい

江戸時代の「通し矢」にちなむ大会で、全国から二千人が参加し、楊枝のお加持と同日に行なわれます。特に新成人の晴れ着姿での競技は、正月ならではの華やかさで、京都の風物詩のひとつです。無料公開される境内は、終日、賑わいをみせます。

初午祭 はつうまさい
2月11日 14:00~15:00

お堂の前庭で、山伏姿の行者による「護摩・ごま」という火の儀式が行なわれ、願い事が書かれた護摩木をはじめ、古い お守りやお札を燃やして供養する法要です。

春桃会 しゅんとうえ
3月3日 9:00~15:30

「三十三間堂」の名前にちなんで「三」の重なる〈桃の節句〉に行なわれる法会で、華道池坊の献華式と華展、寄席や千体観音像を特設の高壇から遥拝するなど、縁日(無料公開)のみの慶祝行事が催され、限定の女性専用「桃のお守り」も授与されます。

開山忌 かいさんき
5月3日 9:00~

お堂を建てられた後白河上皇のご命日を記念する法要で、生前のお姿を写したとされる画像をまつり、「曼荼羅供・まんだらく」という法会が行なわれます。「声明・しょうみょう」と呼ぶ仏教音楽がふんだんに盛りこまれたおごそかな音楽的法要です。

五月会 さつきえ
5月14日 9:00~16:00

五月の本坊御本尊縁日を「五月会(さつきえ)」と命名し、その法要及び日頃よりご要望のあります奥書院、庭園、不動尊像等を無料公開しております。

開門時間:

8:00~17:00(11月16日~3月は9:00~16:00)
年中無休 受付終了は閉門の30分前

拝観料

個人
一般 600円
高校・中学生 400円
小人 300円

交通アクセス

関西国際空港から三十三間堂への行き方

関西国際空港からリムジンバスで京都駅八条口に向かい、そこから京都市営バスで三十三間堂への行き方を説明します。

リムジンバス⇒京都駅八条口

関西国際空港に着いたら、京都駅八条口に向けてリムジンバスが出ているのでそれに乗ります。
第1ターミナルビル、第2ターミナルビルとも、1F正面の各方面行きバス乗り場よりご乗車ください。

【第1ターミナルビル】

きっぷうりばBの窓口または券売機で乗車券を購入して8番バス乗り場で乗車します。
窓口利用可能時間 06:00~22:00

【第2ターミナルビル】

きっぷうりばAの窓口または券売機で乗車券を購入して2番バス乗り場で乗車します。
窓口利用可能時間 終日


京都駅八条口までの所要時間:約85分
運賃片道:大人2,600円
ご利用可能なクレジットカード


京都駅八条口⇒三十三間堂

京都駅八条口(関西空港リムジンバスおりば-H3)に着いたら、横断歩道を渡り矢印の方向へ直進してJR京都駅前の京都市営バスのりばに向かいます。

しばらく進んで階段を上がり、矢印の方向へ進みます。

しばらく進んで階段を上がり、そのまま直進します。

しばらく進んで階段を下り、矢印の方向へ進み京都タワーのある北側のバス停(D-2のりば)に向かいます。

D-2のりばから乗車するバスは206系統または208系統です。
降車するバス停はどちらも「博物館三十三間堂前」です。
博物館三十三間堂前までの所要時間:約10分
運賃片道:大人230円

 

博物館三十三間堂前で降車して矢印の方向へ進みます。

横断歩道を渡り、少し進むと右側に入り口があります。