歴史

長谷寺の歴史

往古より「長谷観音」の名で親しまれる当山は、正式には「海光山慈照院長谷寺」と号します。
開創は奈良時代の天平八年(736)と伝え、聖武天皇の治世下に勅願所と定められた鎌倉有数の古刹です。本尊は十一面観世音菩薩像。木彫仏としては日本最大級(高さ9.18m)の尊像で、坂東三十三所観音霊場の第四番に数えられる当山は、東国を代表する観音霊場の象徴としてその法灯を今の世に伝えています。

緑深い観音山の裾野から中腹に広がる境内は、四季を通じて花が絶えることのない「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ばれ、花木の彩りがご来山者の心を和ませます。
諸堂のほか鎌倉の海や街並みが一望できる見晴台があり、さらに眺望散策路に上がると遠く相模湾の眺望と共に梅雨に映える40種類2500株のアジサイが織り成すその風情が、鎌倉でも有数の景勝地と謳われています。

祈願・供養

長谷寺のご祈願・ご供養

当山では、ご祈願・ご供養を行っております。
厄災消除、商売繁昌、無病息災、病気平癒、良縁成就、家内安全、心願成就などのご祈願。
水子供養は、お地蔵様を建ててご供養のお経をおあげ致します。
永代供養は、ご先祖や水子の命日に永代にわたり毎月読経回向を致すものです。

ご祈願

お申込みいただいたお札は、一年間毎日、観音様のご宝前にて読経祈願をいたします。
※共柄の小札守はお持ち帰りできますので大切にお持ちください。
※お札のご郵送はお受けしておりません。

郵便でのお申し込みの場合は、お札に書く氏名と願目を添えて書留にてお申し込みください。
※ご郵便でのお申込みの場合は、小札守をお渡しすることはしておりません。

ご祈祷札

長谷観音御祈祷札

(左から)一願 一万円・五千円・三千円
長谷観音御祈祷札

長谷観音御祈祷札

(左右とも)一願 五千円
長谷観音御祈祷札

授け大黒天御祈祷札

(左から)一願 一万円・三千円
授け大黒天御祈祷札

願目例

下記以外でも可能ですので、願意の内容をお知らせ下さい。

心願成就 家内安全 身体健全 無病息災
厄災消除 開運招福 交通安全 商売繁盛
病気平癒 良縁成就 社運隆昌 入試合格
必勝祈願 安産祈祷 ・・・等

ご供養

当山では、地蔵尊像をお建てしてのご供養をご案内しております。
地蔵尊像をお申し込みいただくと、翌朝、申込者のお名前を読みあげてご供養をし、その後は当山ご縁の諸霊として、
末永くご供養を続けてまいります。(読経に立ち合う必要ありません)
お申し込みは、観音堂内祈願供養受付にて午前八時~午後四時半まで受け付けております。
また個別の立ち会いによるご供養も承っております。
申し込まれた方は機会をみて、お参りを重ねるようにしてください。

先祖供養・水子供養

永代供養(先祖・水子)

(左から)八万円・二万円・一万円

地蔵尊像を選んでお申込みいただきます。
翌朝よりご縁続きの諸霊として永代にわたりご供養のお経をおあげいたします。

極楽塔(先祖)

三千円

極楽塔をお申込みいただくと、翌朝お名前を読み上げてのご供養のお経をおあげいたします。

写経・写仏

長谷寺の写経・写仏について

般若心経/延命十句観音経/写仏

当山では毎日、自由に写経、写仏ができます。
道具等はすべて揃っておりますので、お気軽にどうぞ。
入山後、写経会場(書院)にて用紙をお求めいただき、会場内で写経していただきます。
終わりましたら会場内御宝前または観音堂に納めていただきます。

受付時間・写経(写仏)用紙

受付時間 9:00~15:00
写経用紙 般若心経/延命十句観音経/写仏
各一部 1,200円

※写仏は、細かい部分を丁寧に描きますと3時間以上かかる場合もございますので、お時間に余裕を持たれて、ご来山下さい。

写経・写仏の仕方

受付

当山での写経が初めての方へは、こちらでご案内いたします。
用紙をお選びいただき、用紙代1200円をお納めください。
尚、用紙のほかに半年後まで使用できる拝観券を同封しておりますので、次回ご来山の際にご利用ください。
受付

準備

受付が済みましたら会場内へお進みください。
席はどちらでも結構です。
用紙と荷物を席に置いたら正面に進み、阿弥陀様に手を合わせましょう。
準備

道具

筆以外にも筆ペンもご用意しております。写仏の場合は筆ペンかボールペンをおすすめします。
墨、すずり、文鎮は各席にご用意しております。
道具

墨のすり方

水差しを席にお持ちいただき、すずりに水を3杯ほど入れてください。
水差しを元の位置へ戻してから、着席し墨をすります。
墨のすり方

写経・写仏

薄く印刷されている経文や線をなぞります。
丁寧にゆっくりとなぞってください。
※写仏は、細かい部分を丁寧に描きますと3時間以上かかる場合もございますので、お時間に余裕を持たれて、ご来山下さい。
写経・写仏

願意、住所、氏名、日付

最後に願い事、住所、氏名、今日の日付を記入します。
願意、住所、氏名、日付

奉納

書き終えた用紙は包みに入れ、正面の三宝にお納めください。
翌日、観音堂へお運びし、毎年十一月十八日の写経清浄会の際に経蔵に納められます。
使用した筆は元の位置に戻してください。
奉納

施設

観音ミュージアム


明治時代に開設された「宝物陳列所」を前身として、昭和55年に「長谷寺宝物館」が開館しました。
平成27年、開館35周年を迎えるにあたり、老朽化の進んだ設備を刷新し、これまでの寺宝の展示だけでなく、
鎌倉長谷寺の本尊である「観音菩薩」を主題とした博物館「観音ミュージアム」へと生まれ変わりました。

受付時間

9:00~16:00

休館日

無休(臨時休館日あり)

入館料

料金
大人(高校生以上) 300円
小人(小・中学生) 150円

案内

長谷寺の拝観のご案内

開門時間

時間
夏時間 3月~9月 8:00~17:00(閉山17:30)
冬時間 10月~2月 8:00~16:30(閉山17:00)

拝観料

料金
大人 400円
小学生 200円

アクセス

羽田空港から京浜急行バス(高速バス)で鎌倉駅に向かい、そこから徒歩で長谷寺への行き方を説明します。

羽田空港⇒鎌倉駅

羽田空港に着いたら、鎌倉駅に向けて京浜急行バスに乗ります。
バス乗り場は、各ターミナルの1Fにあります。

【第1ターミナルビル】

バスチケット売り場で乗車券を購入して11番バス乗り場で乗車します。

【第2ターミナルビル】

バスチケット売り場で乗車券を購入して11番バス乗り場で乗車します。

鎌倉駅東口までの所要時間:約90分
運賃片道:大人1,400円

鎌倉駅東口⇒長谷寺

鎌倉駅東口で下車して、江ノ電バスで長谷寺に向かいます。
1番乗り場から乗車して「長谷観音」で下車します。
「江ノ電バス」の画像検索結果"
長谷観音バス停までの所要時間:約10分
運賃片道:大人180円

長谷観音バス停で下車して、長谷観音前交差点を左折してしばらく直進すると長谷寺の入口に到着です。

「長谷観音入り口」の画像検索結果"