由来

嚴島神社の由来

嚴島神社の創建は、推古元年(593年)、佐伯鞍職によると伝えられます。平安時代後期の仁安3年(1168年)には、佐伯景弘が嚴島神社を崇敬した平清盛の援助を得て、今日のような廻廊で結ばれた海上社殿を造営。本殿以下37棟の本宮(内宮)と、対岸の地御前に19棟の外宮が設けられ、全て完成するまでに数年が費やされたといわれます。社運は平家一門の権勢が増大していくにつれ高まり、その名を世に広く知られるようになりました。
鎌倉時代から戦国時代にかけて政情が不安定になり荒廃した時期があったものの、弘治元年(1555年)、厳島の合戦で勝利を収めた毛利元就が神社を支配下に置き庇護したことから、社運は再び上昇。天下統一を目前にした豊臣秀吉も参詣して武運長久を祈願しており、その年安国寺恵瓊に大経堂(千畳閣)建立を命じています。
嚴島神社は社殿が洲浜にあるため海水に浸る床柱は腐食しやすく、また永い歴史の間には幾度となく自然災害や火災に見舞われてきましたが、その度に島内外の人々の篤い信仰心に支えられて修理再建され、今日まで平安の昔さながらの荘厳華麗な姿を伝えています。

特徴

嚴島神社の特徴

社殿見取図

嚴島神社社殿は、推古天皇の時代に佐伯鞍職による創建と伝承されています。
嚴島神社の社殿の基礎が確立し、社運が盛大になったのは平清盛が久安2年(1146年)に安芸の守に任官し、その一門の崇敬が始まってからです。嚴島神社の社殿の主要部分はほぼ平安時代に造営されましたが、その後2度の火災に遭い、現在の本社本殿は元亀2年(1571年)、客神社は仁治2年(1241年)の建築です。細部にはそれぞれ時代の特色が見られますが、全般に造営当初の様式を忠実に守っており、平安時代末期の建築様式を知ることができる貴重な遺産といえます。

平安時代の古式を伝える寝殿造り

嚴島神社の社殿は長い歴史の間に幾度か手が加えられているものの、造営当時の佇まいを忠実に伝えています。108間(約275m)の廻廊が結ぶ社殿は、寝殿造りの影響を強く受けた平安様式。寝殿造りとは平安貴族の住宅様式で、敷地の中央に寝殿(正殿)と呼ばれる中心的な建物、その東西に対屋(たいのや)と呼ばれる付属的な建物を配し、それらを通路で結ぶ対称形の配置を基本とするもの。寝殿の前面には舞や儀式の場となる庭、その先には池も設けられました。その寝殿造りの様式を神社建築に巧みに取り入れ、瀬戸内海を池にみたてた壮大な発想で平安の雅(みやび)を映した究極の日本建築といえます。
大鳥居を背にして祓殿を正面からみると、中央の軒が左右に較べて一段高くなっているのは寝殿造りの典型的な工法。また桧皮葺の屋根に瓦を積んだ本殿の化粧棟など随所に寝殿造りの様式が加えられています。

海を敷地とした奇想天外な発想

嚴島神社の境内は、弓状に広がる遠浅の浜・御笠浜にあります。干潮時には大鳥居まで歩いていけますが、潮が満ちると社殿や廻廊はあたかも海に浮かんでいるよう。このように刻々と潮の干満で姿を変える海を敷地とする奇想天外な発想は世界でも類をみません。神社が浜に創建されたのは、島全体がご神体とされ神聖視したためとみられますが、12世紀に平清盛と神主・佐伯景弘によって調えられた壮大な社殿群は平安時代の浄土信仰に基づく極楽浄土を現したものとも言われます。前面には瀬戸内海、背後には神が降臨する場所と考えられた弥山。自然に神をみる日本古来の信仰をそのまま形にし、みごとに自然美と人工美とを調和させたのが嚴島神社なのです。
この海辺の聖地の美しい景観を守るため、神社では藻の清掃作業や、砂州の地ならしなど日々細やかな手入れが行われています。

遺産

世界文化遺産

世界遺産とは

世界遺産条約(世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約)は1972年にユネスコ総会で採択された条約で、日本は1992年に批准しました。この条約の目的は、世界に価値の高い文化遺産や自然遺産は人類共有の財産であるとの認識に立って、それらが損壊や滅失の危機にあるとき、各国が協力してその保存を図ろうとするものです。この目的のため、あらかじめ、条約の締約国の代表21ヵ国からなる世界遺産委員会は、締約国から推薦のあった遺産を審議し、その遺産が顕著な普遍的価値を有していると認められたときには、人類共有の財産として世界遺産一覧表に記載します。この世界遺産一覧表に記載された遺産を一般に『世界遺産』と呼んでいます。世界遺産のうち、文化遺産に認定されるためには、次の6つの価値基準のどれか1つ以上に当てはまらなければなりません。
1)創造的な才能が生んだ傑作
2)建築や芸術、都市の構成や景観の発展において、ある時代や地域における人類の文化的交流の形跡を示すもの
3)ある文化的な伝統や文明の貴重な証拠となるもの
4)歴史上の有意義な時代を示す優れた建造物や建築物群、景観の例
5)ある文化を代表する伝統的集落や土地利用の典型的な例で、消滅の危機にあるもの
6)世界的に著名な事件・伝統・思想・信仰・芸術作品・文学作品と密接に関係するもの

嚴島神社の世界遺産価値

1. 嚴島神社は12世紀に時の権力者である平清盛の造営によって現在みられる壮麗な社殿群の基本が形成されました。この社殿群の構成は、平安時代の寝殿造りの様式を取り入れた優れた建築景観をなしています。また、海上に立地し、背景の山容と一体となった景観は他に比類がなく、平清盛の卓越した発想によるものであり、彼の業績を示す平安時代の代表的な資産のひとつです。価値基準(1)
2. 嚴島神社の社殿群は、自然を崇拝して山などを御神体として祀り、遥拝所をその麓に設置した日本における社殿建築の発展の一般的な形式のひとつです。周囲の環境と一体となった建造物群の景観は、その後の日本人の美意識の一基準となった作品であり、日本に現存する社殿群の中でも唯一無二のもので、日本人の精神文化を理解する上で重要な資産となっています。価値基準(2)
3. 日本に現存する社殿建築の中でも造営当時の様式をよく残し、度重なる再建にもかかわらず、平安時代創建当初の建造物の面影を現在に伝える希有な例です。また、平安時代の寝殿造の様式を山と海との境界を利用して実現させた点で個性的で、古い形態の社殿群を知る上で重要な見本です。
価値基準(4)
4. 嚴島神社は、日本の風土に根ざした宗教である神道の施設であり、仏教との混交と分離の歴史を示す文化資産として、日本の宗教的空間の特質を理解する上で重要な根拠となるものです。価値基準(6)

世界文化遺産区域

平成8年12月、「嚴島神社」が、世界遺産委員会で正式に世界文化遺産として登録されました。
嚴島神社は、日本独自の文化を伝える優れた建築であり、島全体が文化的景観を成している点を高く評価されました。
世界遺産として登録された区域は、社殿を中心とする嚴島神社と、前面の海および背後の弥山原始林(天然記念物)の森林を含む区域の431.2ヘクタールです。厳島全島の約14パーセントを占める広い範囲にわたっています。
嚴島神社は、弥山を中心に深々とした緑に覆われた山容を背景として、海上に鮮やかな朱塗りの本社本殿・大鳥居等の社殿群を展開するという、世界でも例をみない大きな構想の下に独特の景観を作り出しています。
登録された遺産のうち、嚴島神社の本社本殿・弊殿・拝殿等17棟・大鳥居・五重塔・多宝塔3基からなる建造物群は、6棟が国宝、11棟・3基が重要文化財に指定されています。
そして、バッファゾーン(緩衝地帯)は、「厳島全島」及び「宮島町字長浜小名切り突角より同町大字大西町水晶山北部突角を見通す線内の海面」の範囲から、遺産範囲を除いた地域です。

見所

嚴島神社の見所

大鳥居(おおとりい)《重要文化財》

本社火焼前(ひたさき)より88間の海面にそびえる朱塗りの大鳥居は、奈良の大仏とほぼ同じ高さの16m、重量は約60t。主柱は樹齢500~600年のクスノキの自然木で作られており、8代目にあたる現在の鳥居を建立するにあたっては、巨木探しに20年近い歳月を要したといいます。また根元は海底に埋められているわけではなく、松材の杭を打って地盤を強化し、箱型の島木の中に石を詰めて加重するなど、先人の知恵と工夫によって鳥居の重みだけで立っています。

本殿(ほんでん)《国宝・平安時代》

繊細かつ華麗な切妻両流造りで、正面には緑青塗りの引き違いの菱形の格子戸がはめられた本殿には、市杵島姫(いちきしまひめ)・湍津姫(たぎつひめ)・田心姫(たごりひめ)の宗像三女神が祭られています。屋根に神社の定番とも言える千木と鰹木を持たず、桧皮葺の屋根に瓦を積んだ化粧棟のスタイルを取り入れた寝殿造りならではの様式が特徴です。現在の本殿は元亀2年(1571年)、毛利元就によって改築されたものです。

平舞台(ひらぶたい)《国宝・平安時代》

寝殿造りの庭にあたる部分で、広さは167.6坪(約553平方メートル)。安元2年(1176年)、平氏一門が社参して千僧供養が行われた際、社殿の前方に仮廊を設けたという記録があり、こうした仮廊が常設となったものともいわれます。前方には火焼前(ひたさき)と呼ばれる突き出た箇所があり、管絃祭の出御・還御はここから行われます。また他の社殿の束柱は木造ですが、この平舞台を支えるのは、毛利元就によって寄進されたと伝えられる赤間石の柱。火焼前分と合わせると239本あります。

高舞台(たかぶたい)《国宝・平安時代》

本社祓殿前にある、黒漆塗りの基壇に朱塗りの高欄をめぐらし前後に階段をつけた舞台で、平清盛が大阪・四天王寺から移したという舞楽がここで演じられます。舞楽の舞台としては最小のもの。現在の舞台は天文15年(1546年)、棚守房顕によって作られたもので、当初は組立て式だったものが江戸時代初期に現在のような作り付け構造になったと考えられています。

能舞台(のうぶたい)《重要文化財・江戸時代》

国内でも唯一の海に浮かぶ能舞台。現在、重要文化財に指定されている国内5つの能舞台のうちの1つでもあります。厳島での演能は、永禄11年(1568年)の観世太夫の来演がその始まりとされ、慶長10年(1605年)には福島正則が常設の能舞台を寄進。現在の舞台と橋掛及び楽屋が建立されたのは藩主が浅野氏に代わった延宝8年(1680年)のことです。この能舞台は海上にあるため通常は能舞台の床下に置かれる共鳴用の甕(かめ)がなく、足拍子の響きをよくするため舞台の床が一枚の板のようになっているのが特徴。春の桃花祭神能がこの舞台で演じられるほか、茶道表千家と裏千家家元が隔年交互に執り行う献茶祭ではここでお茶が点てられ御神前に献じられます。

反橋(そりばし)《重要文化財》

かつては重要な祭事の際、勅使がこの橋を渡って本社内に入ったことから別名・勅使橋(ちょくしばし)とも呼ばれました。現在の橋は、弘治3年(1557年)に毛利元就・隆元父子によって再建されたもので、擬宝珠の一つに刻銘が残っています。

廻廊(かいろう)

廻廊は幅4m、長さは約275m。床板の間に目透しという隙間があり、高潮の時に下から押しあがってくる海水の圧力を弱め、海水や雨水を海へ流す役目を果たしています。

拝観時間(年中無休)

厳島神社

※嚴島神社の廻廊は、高潮対策のため隙間の空いた構造と成っています。
ハイヒール等、隙間に挟まる事がありますので、参拝時は履物にご配慮お願い致します。

1日 00分 1830分
2日 3日 30分 1830分
4日 末日 30分 1730分
1日 1014日 30分 1800分
1015日 1130日 30分 1730分
121日 1231日 30分 1700分

宝物館

00分 1700分

千畳閣

30分 1630分

拝観施設及び料金

嚴島神社・宝物館

個人/団体 成年/学年 宝物 共通割引
個人 300円 300円 500円
高校 200円 200円 300円
中小学生 100円 100円 150円
団体
各50名以上
250円 250円 400円
高校 150円 150円 200円
中小学生 70円 70円 100円

千畳閣

成年/学年 昇殿料
100円
中小学生 50円

交通アクセス

広島空港から厳島神社への行き方

広島空港から宮島口フェリーターミナルに向かい、そこから厳島神社までの行き方を説明します。

リムジンバス⇒広島駅新幹線口

広島空港に着いたら、広島駅新幹線口に向けてリムジンバスが出ているのでそれに乗ります。
1F正面の各方面行きバスのりばからご乗車ください。

空港内の券売機で乗車券を購入して2番バス乗り場で乗車します。

広島駅新幹線口で下車します。
広島駅新幹線口までの所要時間は約45分。
料金は片道大人1,340円です。


JR広島駅⇒宮島口フェリーターミナル

JR広島駅に到着したら、中央改札口をとおり山陽線「宮島口・岩国方面」の1番のりばの普通電車(各駅停車)に乗車して、宮島口駅で下車します。
宮島口駅までの所要時間は約30分。
料金は片道大人410円です。


宮島口駅に着いたら、宮島口フェリーターミナルの乗り場できっぷを購入して宮島松大汽船に乗船して宮島桟橋に向かいます。

宮島桟橋までの所要時間は約15分。
料金は片道大人180円です。

宮島桟橋ターミナル出口を出たら右に進んでずっと海沿いを歩くと厳島神社が見えてきます。