歴史

東大寺の歴史

奈良時代創建期 -聖武天皇の願い-

7~8世紀の東洋の世界

7~8世紀の東洋の世界は、唐を中心に善隣友好の国際関係が昇華した時代であった。当時の唐朝は道教を信奉したが、同時に仏教も振興し、帰化僧による仏教聖典の漢訳の盛行もそのひとつの現れであり、各地で仏教寺院が建立され、それぞれの国家の安寧と隆昌を祈願させた。

これらの政策が、わが国で聖武天皇が天平13年(741)に、国分・国分尼寺建立の詔を発する範となったことは周知のところである。

8世紀の日本 -東大寺の前身寺院-

奈良時代は華やかな時代であると同時に、政変・かんばつ・飢饉・凶作・大地震・天然痘の大流行などが相次ぎ、惨憺たる時代であった。このような混乱の中、神亀元年(724)二月、聖武天皇が24歳で即位し、待ちのぞんでいた皇太子基親王が神亀四年(727)10月5日に誕生する。ところが、神亀五年(728)9月13日、基親王は一歳の誕生日を迎えずして夭折する。聖武帝は、すぐに親王の菩提を追修するため金鍾山寺を建立(同年11月)し、良弁(のちの東大寺初代別当)を筆頭に智行僧九人を住持させた。天平13年(741)に、国分寺・国分尼寺(金光明寺・法華寺)建立の詔が発せられたのに伴い、この金鍾山寺が昇格して大和金光明寺となり、これが東大寺の前身寺院とされる。

盧舎那大仏の造立

天平12年(740)2月、河内国知識寺に詣でた聖武天皇は、『華厳経』の教えを所依とし、民間のちからで盧舎那仏が造立され信仰されている姿を見て、盧舎那大仏造立を強く願われたという。とは言え、造立する前に『華厳経(大方広仏華厳経)』の教理の研究がまず必要であった。
『華厳経』の研究(華厳経講説)は、金鍾山寺(羂索堂)において、大安寺の審祥大徳を講師として、当時の気鋭の学僧らを集め、良弁の主催で3カ年を要して天平14年(742)に終了した。この講説により、盧舎那仏の意味や『華厳経』の教えが研究され、天平15年(743)10月15日に発せられた「大仏造顕の詔」に、その教理が示されたのである。もちろん、教理の研究と平行して巨大な仏像の鋳造方法や相好なども研究された上でのことであったことは言うまでも無い。
天平勝宝四年(752)4月に「大仏開眼供養会」が盛大に厳修され、その後も講堂・東西両塔・三面僧房などの諸堂の造営は、延暦八年(789)3月の造東大寺司の廃止まで続行された。
盧舎那仏の名は、宇宙の真理を体得された釈迦如来の別名で、世界を照らす仏・ひかり輝く仏の意味。左手で宇宙の智慧を、右手に慈悲をあらわしながら、人々が思いやりの心でつながり、絆を深めることを願っておられる。

東大寺の創建

国家の災害・国難などを消除することを説く『金光明最勝王経』の具現が国分寺の建立となり、さらに発展して、世界に存在するあらゆるものは、それぞれの密接な相関関係の上に成り立ち、平和で秩序ある世界を形成していると説いている『華厳経』の教理の実現が、東大寺の創建につながっていったと言えよう。
東大寺の正式名称は、「金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)」と言う。当初、紫香楽宮において造仏工事が開始されるが、山火事が頻発し地震の続発などにより、平城京に還ることを決意、天平十七年(745)8月、大仏造顕の工事は金鍾山寺の寺地で再開されることになった。金鍾山寺では、先の「華厳経講説」の後、天平15年(743)正月から3月にかけて『最勝王経』の講讃が、49人の学僧を招いて行なわれるなど、当時の仏教界をリードする活発な宗教活動や研究が行なわれていた。

八宗兼学の道場

そもそも東大寺は国分寺として建立されたので、国家の安寧と国民の幸福を祈る道場であったが、同時に仏教の教理を研究し、学僧を養成する役目もあって、華厳をはじめ奈良時代の六宗(華厳・三論・倶舎・成実・法相・律)、さらに平安時代の天台・真言も加えた各研究所が設けられ、八宗兼学の学問寺となった。

天平文化

官大寺を造顕する場合には、造寺司・造仏殿司といった官庁が設けられて造営にあたるが、東大寺の場合も、当初は金光明寺造仏所が設けられ、のちに造東大寺司になり、それまでの諸大寺に比べて遥かに規模が大きかったために、多くの支所が設けられた。奈良時代の文化、特に聖武天皇治政の時代の文化を天平文化と称し、その国際的性格を高度に具えた特色は、まさにこの造東大寺司が原動力となり、この文化が凝固し昇華したのが東大寺であったと言っても過言ではないであろう。

華厳の教え(蓮華蔵世界/蓮弁)

こうした中、聖武天皇は紫香楽宮の造営が開始された天平15年(743)10月15日に「盧舎那大仏造立の詔」を発せられる。
聖武天皇は、人々が思いやりの心でつながり、こども達の命が次世代に輝くことを真剣に考えられ、動物も植物も共に栄えることを願い、さらには造像にあたっては、広く国民に「一枝の草、ひとつかみの土」の助援をよびかけられた。つまり、大仏の造立は皇室や政府の事業のみならず、国民に結縁を求め、助力によって完成しようとした点に、従来の官大寺建立とは明らかに異なるものがある。いわゆる大衆を知識(協力者)として造立を果たそうとしたもので、この精神は各時代の再興や修理にあたって、現代に至るまで常に相承されてきている。
発願の詔が出された四日後には、すでに民衆から人望が厚く仏教伝道に実績のあった行基が、弟子たちを伴い勧進行脚に出発している。

鎌倉期再建 -重源上人の働き-

平安時代の東大寺

平安時代にも修理と造営は絶え間無く続けられているが、斉衡二年(855)の大地震によって落下した大仏の頭部は、真如法親王によって修復されたものの、失火や落雷などによって講堂や三面僧房、西塔などが焼失、南大門や大鐘楼も倒壊した。

治承の兵火と鎌倉復興

しかも治承四年(1180)に、平 重衡の軍勢により、大仏殿をはじめ伽藍の大半が焼失した。しかし翌年には、大勧進に任命された俊乗房重源によって復興事業が着手され、鎌倉幕府、特に源頼朝の全面協力を得て、文治元年(1185)に後白河法皇を導師として「大仏開眼供養」が行なわれた。重源自身が当時の中国から移入した最新の建築様式大仏様(だいぶつよう)の代表建築である南大門が威容を誇り、運慶・快慶ら慶派仏師集団の造像になる仁王像は、近年解体修理を受け、堂々たる姿を今に伝える。翌、文治二年に周防国が東大寺造営料所に当てられてから復興事業は着々と進み、建久六年(1195)に「大仏殿落慶供養」が営まれ、東塔も13世紀前半に完成した。こうした復興に伴い、教学活動も活発になり鎌倉時代にも多くの学僧が輩出した。

江戸期再興 -公慶上人の活躍-

ところが、永禄十年(1567)に三好・松永の乱がおこり、二月堂や法華堂、西大門や転害門、正倉院や鐘楼など僅かな建物を残して、大仏殿・廻廊・講堂・三面僧房・食堂・八幡宮・東塔・戒壇院・大湯屋・上院閼伽井屋・東南院・尊勝院・真言院など中心伽藍の殆どが灰燼に帰した。
その後、本尊盧舎那大仏は約120年間雨ざらしとなるが、17世紀後半、公慶上人がなんとか江戸幕府の許可を得て、全国勧進行脚を実践した。もちろん、勧進よびかけの趣旨は、天平創建、鎌倉復興に倣い、一枝の草ひとつかみの土の精神そのままに受け継がれ、元禄五年(1692)に「大仏開眼供養」が営まれた。大仏殿の完成は上人の没後であったが、18世紀後半には中門・東西廻廊・東西楽門・両脇侍などの巨像も造立され、現存の寺観が整えられた。

明治期以降

明治維新の廃仏毀釈

しかし、明治維新の廃仏毀釈は、京都・奈良に深刻な影響を与え、廃藩置県による寺領の消滅や境内地の上地は、大仏殿などの巨大な堂宇を持つ東大寺には、その維持管理においても、幾度かの危機が襲った。
特に大仏殿は木造建築として巨大なるが故に構造上無理があり、文化三年(1806)には下層の屋根が下がったため支柱で支え、明治十年(1877)頃から修理計画が検討されるも、日清・日露の戦争を挟んで延期せざるを得ず、本格的な修理が施されたのは、明治三十九年(1906)からで、「大仏殿落慶供養」が営まれたのは大正四年(1915)になってからであった。この明治大修理では、大屋根を支える虹粱(こうりょう)にイギリス製の鉄骨トラスを組み込まれ、今も問題無く大屋根を支え続けている。

昭和期以降~平成期現在

文化財維持管理の経緯

昭和期には南大門・大仏殿廻廊・転害門・大仏殿、平成に入ってからは総合防災事業・仁王尊像の修理が、国と多くの人々の助力を得て完了し、今も、建物や尊像或いは文書など約十項目程の修理事業が進められている所である。
東大寺は天平創建以来、このようにして国と多くの人々の助援を求めて、造顕と修理が繰り返され、その精神は各時代において回顧され、法灯を護持してきた経緯がある。この伝統が、今後も継承してゆくことが出来るよう、創建の趣旨と歴史の経緯を学術的に顕彰し、諸行事の伝承はもちろんの事、常に社会に即応した活動を持続してゆかねばならない。

これからの事業展開

愈々平成24年からは、天平伽藍の基壇整備を実施してゆく計画を、具体的に検討してゆくことになった。まずは、東塔及び東塔院跡発掘の手続き申請のための検討作業に入り、続いて三面僧坊・講堂・食堂、そして金鐘山房周辺を地域別に工程表を検討。すでに平成22年には東塔・東塔院跡の非破壊探査を実施し、ある程度の様子がわかってきている。

新たに発見された事実

平成22年、鎮壇具の宝剣が光明皇后によって除物(じょもつ)として盧舎那仏尊像の膝下に埋められたことが新たに判明し、法華堂本尊の八角二重壇の材から伐採時の年輪年代が測定され(729年伐採)、法華堂創建年時が従来の説より早くなる可能性が出てきた。また23年には大仏殿の北側に位置する僧坊の遺構が地下から発見されるなど、新発見が相次いでいる。このような新発見に関する詳細な検討は学術的な観点から進め、「ザ・グレイトブッダ・シンポジウム(GBS)」や「東大寺文化講演会(毎春/東京銀座マリオン朝日ホール)」・「東大寺現代仏教講演会(毎秋/東大寺金鐘ホール)」「東大寺友の会主催の講演会」、平成23年から始まった「東大寺学講座(金鐘ホール)」などで、一般の方にも広報をしてゆく予定である。

参拝

参拝のご案内

大仏殿 (だいぶつでん)  ★国宝建造物

創建から2度にわたって焼失、鎌倉と江戸時代に再建された。江戸期には柱とする材が調達できず、芯となる槻(つき)を檜板で囲い、鉄釘と銅輪で締めて柱とした。
そのため、創建時に11間(けん、86m)あったが7間(57m)となった。現在でも世界最大級の木造建築であるが、往時の壮大さがうかがえる。
毎年、大晦日から元旦に正面唐破風(からはふ)下の観相窓が開かれ、大仏尊像のお顔を外から拝しながら新年を迎えることができる。

法華堂(ほっけどう)  ★国宝建造物

東大寺建築のなかで最も古く、寺伝では東大寺創建以前にあった金鍾寺(きんしょうじ)の遺構とされる。
752(天平勝宝4)の東大寺山堺四至図(さんかいしいしず)には「羂索堂(けんさくどう)」とあり、不空羂索観音を本尊として祀るためのお堂である。
旧暦3月に法華会(ほっけえ)が行われるようになり、法華堂、また三月堂ともよばれるようになった。
もとは寄棟(よせむね)造りの正堂(しょうどう)と礼堂(らいどう)が軒を接して建つ配置であったが、鎌倉時代、礼堂を入母屋(いりもや)造りに改築して2棟をつないだ。
正堂は天平初期の建築だが、礼堂は大仏様(だいぶつよう)の特色が見られる鎌倉時代の建築。時代の異なる建築が高い技術によって結ばれ、調和の取れた美しい姿を見せる。

戒壇堂(かいだんどう)  ★県指定重要文化財

754年(天平勝宝6)、聖武上皇は光明皇太后らとともに唐から渡来した鑑真(がんじん)から戒を授かり、翌年、日本初の正式な授戒の場として戒壇院を建立した。
戒壇堂・講堂・僧坊・廻廊などを備えていたが、江戸時代までに3度火災で焼失、戒壇堂と千手堂だけが復興された。

拝観・開館時間

4~10月 11~3月
大仏殿・法華堂・戒壇堂 7:30~17:30 8:00~17:00

入堂・拝観料
(大仏殿・法華堂・戒壇堂、それぞれで入堂料をいただいております。)

個人 団体(30名以上)
大人(大学生以上) 600円 550円
高校生 600円 500円
中学生 600円 400円
小学生 300円 200円

施設

東大寺ミュージアム

東大寺ミュージアムは、東大寺の境内にある東大寺総合文化センター内に、2011年10月に開館しました。
国宝や重要文化財の展示物等を通じて、東大寺の歴史と「東大寺の意義」を知ることのできる施設になっています。
建物は、貴重な展示物を守るため、600平方メートル程の展示室には免震構造が備えられています。
尚、東大寺ミュージアムの見どころは、何と言っても「展示物」です。
2018年現在は、2013年10月10日からの「東大寺の歴史と美術」展が開催されています。
第1室から第5室まで、部屋毎にテーマを掲げて、観る人に理解しやすくしています。
東大寺ミュージアムは1階のみです。2階はありませんので、正倉院展のような規模はありません。
ただ、像高2メートル〜3メートル近い仏像が展示されていますので見応えはあります。
有名な国宝の誕生釈迦仏も東大寺ミュージアムでお目にかけることができます。

注意点

東大寺ミュージアムの館内は写真撮影禁止です。

 

拝観・開館時間

4~10月 11~3月
東大寺ミュージアム 9:30~17:30
(最終入館17:00)
9:30~17:00
(最終入館16:30)

入堂料
(東大寺ミュージアムは入堂料をいただいております。)

個人 団体(30名以上)
大人(大学生以上) 600円 550円
高校生 600円 500円
中学生 600円 400円
小学生 300円 200円

交通アクセス

関西国際空港から東大寺への行き方

関空からリムジンバスで近鉄奈良駅に向かい、そこから奈良交通バスで東大寺への行き方を説明します。

リムジンバス⇒近鉄奈良駅

関空に着いたら、近鉄奈良駅に向けてリムジンバスが出ているのでそれに乗ります。
第1ターミナルビル、第2ターミナルビルとも、1F正面の各方面行きバスのりばよりご乗車ください。

【第1ターミナルビル】

きっぷうりばAの窓口または券売機で乗車券を購入して9番バス乗り場で乗車します。
窓口利用可能時間 13:00~22:00

【第2ターミナルビル】

きっぷうりばBの窓口または券売機で乗車券を購入して5番バス乗り場で乗車します。
窓口利用可能時間 終日

近鉄奈良駅までの所要時間は約90分。
料金は片道大人2,050円です。
ご利用可能なクレジットカード


近鉄奈良駅⇒東大寺

近鉄奈良駅でリムジンバスを下車して、矢印の方向へ直進して東大寺行きのバス停へ移動します。

直進するとバス乗り場が見えてきます。

1番乗り場から奈良交通バスへ乗車して東大寺大仏殿・春日大社前バス停へ向かいます。
片道運賃:210円
東大寺大仏殿・春日大社前バス停までの所要時間:約5分

乗車する系統は下記の通りです。
「2系統・奈良市内循環バス(外回り)」
「6系統 中循環(近鉄奈良駅からのみ)」
「56系統・58系統・62系統 山村町行き」
「57系統・59系統 藤原台行き」
「61系統・鹿野園町行き」
63系統・64系統・65系統・72系統・77系統・78系統 春日大社本殿行き」
「122系統・下水間行き」
「124系統・北野行き」
「160系統・72系統 高畑町行き」

東大寺大仏殿・春日大社前バス停で下車して矢印の方向に直進します。

交差点を渡り中央の参道を約3分直進すれば到着です。